« 10代20代の奴へ | トップページ | スマイレージ第3期募集し改名へ »

2014/09/19

100円ショップの材料で作る ウッドガスストーブ

100円ショップの油入れが捨てられるということで
何かに使えないかと思案していると
ありましたよ ずばり
ウッドガスストーブを作ることにしました

ウッドガスストーブの理屈はこちらへ

アンド作り方もすばりの方がいらしゃったので

100均オイルポットでウッドガスストーブ 自作

↑すみません無断リンクです 参考にしました
材料は汚い100円オイルパンと
ダイソーの貯金箱です

Dscn0961

穴をあけるのには道具が必要です
今回は奮発して揃えました

Dscn0965

ドリル、テーパーリーマー、センターポンチ
計2500円 ドリル以外は日本製
さぁこれでグリグリいきますよー

中の缶を加工します

Dscn0968
マスキングテープに等間隔(2cmかな?)
にマジックで印をつけて缶に貼ります

Dscn0971
センターポンチで打つべし打つべし

Dscn0972
ドリルで穴をあけて(熱がすごいぜ!)
テーパーリーマーで穴の大きさを調整します

Dscn0970
中の缶は底にも穴をあけます
サイドと一緒ですね、テープ貼って
Dscn0973
ポンチ打って、穴をあけます
中缶加工はこれで終了


オイルパン(外缶)は外側のボトムだけ穴をあけます
Dscn0975
汚かったので金たわしでゴシゴシしました
テープ貼って、ポンチ打ちます

Dscn0979
外側の穴は内側より大きくしました

最後は中フタを加工して
中缶を通し、固定できるようにします
Dscn0976
軟らかいのでセンターポンチで適当に打ちぬけると判明
Dscn0978
あとはニッパーでグリグリ穴を広げるイメージで
缶切りみたいな感じかな
中缶が通るようにグリグリしました

Dscn0982
無事通ると、こんな感じ

Dscn0983

横から見るとこんな感じ
これで完成です!
約二時間かかりましたが上出来です
フタは収納に便利で、
使用の際皿として底に敷いても良いと思います

空気を送り込む空間が少ないかな?
とか思いましたが 実際やってみると
結構な勢いでファイアーしました

Dvc00205

勢いのあるファイアーの図
(ゴトクとりつけ忘れ)
燃料はその辺の枯れ枝
新聞紙で着火しました

ゴトクがないと湯を沸かせないと思い
云十年前に使った
固形燃料缶のゴトクを発見

Dscn0988
これが見事にはまりました

Dscn0990
収納図

中々コンパクトなストーブが完成しました
キャンプとか釣りのお供にいいと思いました
なにがいいって 値段が安い!
これにつきます

貧乏人には丁度いいかもしれませんね


« 10代20代の奴へ | トップページ | スマイレージ第3期募集し改名へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349913/57428663

この記事へのトラックバック一覧です: 100円ショップの材料で作る ウッドガスストーブ:

« 10代20代の奴へ | トップページ | スマイレージ第3期募集し改名へ »